市民がみている景色を知る

〜実習協力者の思い〜

神栖市の会社あるいは企業に医学生の実習をお願いし、非医療者である神栖市の市民からみた生活の在り方や医療への付き合い方について話を聞きます。生活者として、非医療者として医師に伝えたいことを話してもらいます。

株式会社 丸や:
海老原社長
神栖市保健センター:
神栖市健康増進課山田さん
日本製鉄(株)東日本製鉄所鹿島地区:
田中先生
タキマテック株式会社:
栗山さん
神栖弁護士事務所:
安重先生

住民体験・異業種帯同実習

いずれも掲載内容は取材当時のものです。

地域を診断する

神栖市の地域における健康課題とヘルスケア(医療・福祉など)における現状について、個人の健康の状況と地域全体の特徴を観察し、課題を抽出し、考察し、市に政策を提案するといった一連の流れで地域を診断します。

地域診断とは

神栖市の
地理歴史文化を知る

神栖市健康増進課の職員等によるガイドを受けながら、医学生は実習初日に、神栖市全体を半日かけて地域視診を行います。
市の職員から、神栖市の歴史、文化、産業、医療事情などについて解説を受けながら巡回することで、日本全体の社会問題の1つである医療崩壊、医師不足問題 、そして前述の医療人類学、健康の社会的決定要因に関する視点や手法として、国内でも先進的な取り組みを行っています。

約5日間の 滞在期間中には、統計情報だけでなく 、人々の暮らしを理解するために、実習中に出会った様々な人からお話をお伺い、地域の文化や食生活に触れ、その視点から、生活と健康問題との相互影響について考察を深めてゆきます。

神栖市の特徴

医学生の

医学生の声はこちら

医学生から市政への提案

医学生から市政への提案はこちら