私たちは教育を通して地域医療に貢献します

地域医療教育学ブログ

H24年度5年次選択CC(総合診療科)オリエンテーション実施しました

H23年度に引き続き、今年度も20名以上の5年生が選択クリニカルクラークシップで総合診療科で実習することになりました。

9月~来年4月(約3名ずつ4週間)の実習に先駆けて本日オリエンテーションを行いました。

総診を希望した理由について一人一人発表してもらったところ、

「田舎の町医者に憧れてます。」

「大森医院で実習させていただいて、地域医療が好きになりました!」

「都市部の家庭医になりたいので!」

「離島医療の現場を是非体験したいです。」

「緩和ケアの現場でじっくり実習したいと思っています」

「医療だけでなく、地域社会をじっくりみてきたいです」

「総診の実習で水戸協同病院で実習して、総診ってひろがりがあっておもしろいと思いました。」

などなど、それぞれの志を語ってくれました。

この実習は、学外の協力施設の熱心なご指導と、各地域で精力的に実習にのぞんできた先輩達がいて今に至ることを話したところ、皆、目を輝かせながら、少し緊張感をもって聞いてくれました。

今日の学生の様子から、やる気をもって実習に臨みたいと思っている様子がうかがわれ、今年も安心して送り出せそうです。

これから22名の希望をきいて、実習プラン調整に入ります。

全国の地域で活躍される先生方、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(選択クリニカルクラークシップについてはこちらを→ https://www.pcmed-tsukuba.jp/education/area/program.php#anchor04

文責 高屋敷明由美

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します