私たちは教育を通して地域医療に貢献します

かさま地域医療研修ステーション 笠間市立病院

http://www.city.kasama.lg.jp/dir.php?code=1352

小規模多機能な総合診療

笠間市立病院

院長紹介

笠間市立病院

院長 石塚 恒夫 (筑波大学臨床准教授)

多くの高齢者は、治らない病気が重複し身体的にも精神的にも脆弱になってきます。在宅生活を維持するには、生活を意識した医療(看護)や介護・家族のサポートが必要です。高齢者の生活に寄り添う医療もあるということを、当院での地域医療実習で見てもらいたいです。

医学生の実習

スケジュールの一例
 
午前 オリエンテー
ション
外来見学
調剤実習
訪問リハビリ同行
実習
病棟看護実習
調理実習
ケアマネージャー同行実習 外来実習
午後 訪問診療 予防接種
検診実習
訪問診療 訪問看護実習 訪問診療
まとめ
学生の感想
  • 訪問診療で高齢化社会が抱える問題を見ることができ、良い経験になった。(5年生 男性)
  • 外来、訪問、病棟だけでなく、薬剤部、調理部など普段見えないところまで実習でき、勉強になった。(5年生 男性)
  • 大学病院とは全く異なるニーズがあるということを実感した。(5年生 男性)

指導医からひとこと

笠間市立病院は30床の小規模病院で、地域に密着した外来診療・入院診療・訪問診療を行っています。
病棟での栄養管理やリハビリにも力を入れ、訪問看護、訪問リハビリなど多職種で連携し、入院から在宅まで切れ目のない診療を提供できるよう日々の診療を行っています。
保健センターと地域包括支援センターが併設されており、行政とも連携しながら地域を支えています。 地域の様々なニーズに答え、地域を支えている病院の魅力を是非感じてください!
指導医:稲葉 崇

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します