私たちは教育を通して地域医療に貢献します

ご挨拶

ご挨拶

医療の原点は、暮らしの基盤である地域にあることはいうまでもありません。医療者には、疾患に対する医学的な治療だけではなく、病気を抱える患者さんの背景にある家庭や社会的状況に配慮する視点が必要ですし、生活習慣病予防や介護予防など、地域住民が少しでも健康的に生活できるように支援する予防活動も重要です。また、高齢社会を迎え、ひとびとが住み慣れた地域で安心して生活できるようにするためには、関係する多職種と連携しながら、それぞれの地域で活用可能な保健・医療・福祉資源を最大限に活用して、サービスを提供していく姿勢も求められています。

このような地域医療を提供できる能力とマインドを兼ね備えた医療人の養成には、実際の現場で学ぶ実践的かつ体系的な教育プログラムの導入が欠かせません。現在の医療者養成は、そのほとんどが大学の教室や大学病院で行われているのが現状ですが、私たちは、大学と地域をつなぎ、「地域で働く医療者は地域で育てる」環境の実現に向けて、中心的な役割を担っていきたいと考えています。同時に、大学は研究機関でもありますので、地域医療をフィールドとする臨床研究や、地域医療再生、臨床医学教育等をテーマとする研究活動も積極的に展開して、その成果を全国に発信していきたいと思っています。

近年、医療崩壊が大きな社会問題となり、住み慣れた地域で安心して医療を受けることが難しくなってきています。私たちの活動が、地域医療の充実とそれを支える人材の養成に少しでも貢献できるよう、今後も努力を重ねていきたいと思っています。

筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学 教授
前野哲博

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します