私たちは教育を通して地域医療に貢献します

地域医療教育学ブログ

大森医院での装具外来が軌道に乗り始めました

地域医療研修ステーションの大森医院で4月末から装具外来を続けています。

医院のリハ室で、リハスタッフ(PT、OT)と装具の業者と協力しての、週1コマの外来です。

スタートから2ヶ月と少しで、脳卒中の下肢装具3件、膝OAのサポーター7件、その他2件と

なっています。地域や医療スタッフの中でだんだんと認知され始めて、問い合わせの電話も

もらうことも出てきています。

 

当初は脳卒中の下肢装具の新規や更新を目論んでいたのですが、発症から数年経ってい

る方が多く、あまり興味を示してもらえませんでした。少し矛先を変えて、膝OAの方のサポー

ターを始めてみたところ「歩くのが楽になった」「痛みが楽になった」との感想をもらい、好評の

ようです。今後も、勉強しながら、少しずつ経験を増やして、患者さんによりよいものが提供で

きるようにしていきたいと考えています。

 

6ヶ月のローテートが終わったところで、地域のニーズを探り、リハスタッフも経験を積んで、次

のローテーターに引き継いでもらえるように形を整えたいと思います。

 

後期研修医 津田修治

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します