私たちは教育を通して地域医療に貢献します

メンバー紹介

スタッフ

資格カテゴリ

a 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
b 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
c 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
d 日本内科学会認定内科医
e 日本内科学会認定総合内科専門医
f 日本内科学会認定内科指導医
g 博士(医学)または医学博士

前野 哲博【教授】

前野 哲博【教授】

総合診療科

卒業年・大学 1991年 筑波大学
資格等

abcd e f g
日本プライマリ・ケア連合学会 副理事長
日本医学教育学会 評議員
日本医学教育学会認定 医学教育専門家
日本医学教育振興財団 理事
日本医学教育評価機構(JACME)研修委員会 委員
日本専門医機構 総合診療専門医検討委員会 委員
全国地域医療教育協議会 世話人
非常勤講師(鹿児島大学、弘前大学)

研究業績:https://researchmap.jp/maenotetsuhiro

ひとこと

地域医療教育学は、2009年に開設されたばかりの新しい部門で、まだまだ発展途上ですが、その分、既存の枠組みにとらわれずに一つずつ作り上げていく喜びもあって、大変やりがいのある仕事だと感じています。地域医療再生は待ったなしの課題であり、また社会からの期待も大きいですが、少しでも地域医療の充 実に貢献できるように、努力していきたいと思っています。

ページの先頭に戻る

横谷 省治【教授】

横谷 省治【教授】

寄附講座地域総合診療医学:北茨城市民病院附属家庭医療センター

卒業年・大学 1993年 筑波大学
資格等

acdefg
日本プライマリ・ケア連合学会 理事
同 専門医制度運営会議 委員
同 後期研修プログラム運営・FD委員会委員長
同 規約制度・用語委員会副委員長
同 専攻医部会担当
北茨城市在宅医療・介護連携推進協議会 会長
一般財団法人家庭医療学研究所 評議員

研究業績:https://researchmap.jp/7000027592

ひとこと

多様なスタッフ・レジデントが集い、切磋琢磨しているのが、このグループの素晴らしいところです。 日々の仕事では診療の比重が大きいですが、卒前・卒後教育や研究も楽しく行っています。北茨城では家庭医療の実践と共に、地域の多職種連携強化、小中学生がん予防教育、市民の互助活動のサポート等に取り組んでいます。

ページの先頭に戻る

鈴木 將玄【准教授】

鈴木 將玄【准教授】

地域医療教育学、総合診療科

卒業年・大学 1994年 筑波大学
資格等

acdefg
日本プライマリ・ケア連合学会代議員
死体解剖資格
介護支援専門員

ひとこと

どこで研修するにしても、何を吸収できるかはアナタ次第です。ただ、良い漁場がなければ大漁は望めません。
我々が活動しているフィールド(漁場)がどんなに良いところなのかを見て判断して下さい。
打てば響くような人を待っています。

ページの先頭に戻る

春田 淳志【准教授】

春田 淳志【准教授】

慶應義塾大学医学教育統括センター
筑波大学医学医療系 客員准教授

卒業年・大学 2004年 旭川医科大学
資格等

abcdeg
日本医学教育学会認定医学教育専門家
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本医学教育学会 代議員
日本プライマリ・ケア連合学会 和文誌編集委員会編集委員
日本プライマリ・ケア連合学会 多職種協働・地域包括ケア委員会 委員
日本医療社会福祉協会 倫理委員会外部委員
日本保健医療福祉連携学会 編集委員会委員
日本保健医療福祉連携学会 IPE推進委員会委員
非常勤講師(東都大学、愛知医科大学、岐阜大学)

ひとこと

2020年4月から慶応義塾大学に異動しましたが、筑波大学の教育や研究には、引き続き関わらせていただきたいと思っております。オンライン教育や研究指導が当たり前になってくる中で、多くの方との協働を通じて、新しい可能性を探っていければと思っております。

ページの先頭に戻る

吉本 尚【准教授】

吉本 尚【准教授】

地域総合診療医学、総合診療科

卒業年・大学 2004年 筑波大学
資格等

abcg
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 理事
同 医学生若手医師支援委員会 委員長
同 学術大会の在り方検討会 副委員長
同 医学生若手医師支援委員会 委員長
同 支部支援委員会 委員
同 国際関係委員会 協力委員
同 アルコールワーキンググループ 代表
日本アルコール関連問題学会 評議員
アルコール健康障害対策基本法推進ネット 幹事

研究業績:https://researchmap.jp/hisashiyoshi

ひとこと

2014年7月、10年ぶりに母校に帰ってきました。これまで「1人1人の患者さん・住民の方々の生活をサポートする」ことから、「市町村計画、法律の制定・推進に関わる」ことまで、日本の総合診療に関わる医師の在り方を少しでも提案できるよう活動してきました。

これらの経験を臨床・教育・研究・社会貢献、特に将来の地域医療を担う後進の育成に生かしていければと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭に戻る

前野 貴美【講師】

前野 貴美【講師】

医学群医学教育企画評価室、総合診療科

卒業年・大学 1992年 筑波大学
資格等

abcdefg
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本保健医療福祉連携教育学会 理事
日本医学教育学会 学習方略委員会委員
日本医学教育学会 編集委員会委員

ひとこと

主な研究テーマとして、プライマリ・ケアの診療に関する臨床研究、専門職連携教育を中心とした医学教育研究に取り組んでいます。診療・教育の現場に役立つ研究成果を発信できるよう努力していきたいと思います。

ページの先頭に戻る

堀内(高屋敷) 明由美【講師】

堀内(高屋敷) 明由美【講師】

医学群医学教育企画評価室、総合診療科

卒業年・大学 1995年 筑波大学
資格等

abcg
日本医学教育学会認定医学教育専門家
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本プライマリ・ケア連合学会 和文誌編集委員会 委員

研究業績:https://researchmap.jp/7000025639

ひとこと

一人一人との出会いを大切に、そして出会った人を大切にしてきたいと思っています。
地域医療も教育も研究も、個の輝きと周囲の輪と和のたまものです。これからも地域医療、医学教育に関心のある方達とのつながりが、総合診療科の仲間の輪が温かなものでありますように!

ページの先頭に戻る

阪本 直人【講師】

阪本 直人【講師】

地域医療教育学、総合診療科

卒業年・大学 2001年 愛知医科大学
資格等

bcdf
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員、ICT委員会委員
日本ヘルスプロモーション学会 常任理事・評議員
産業医 (産業医科大学産業医学ディプロマ)

研究業績:https://researchmap.jp/nasa

ひとこと

<医療人の育成>地域に根ざした質の高い医療を継続して展開できるよう、若手医師・医学生の教育にも力を入れております。
<ヘルスプロモーション>つくば市、神栖市の住民(子どもから大人まで)や企業社員を対象にした健康プログラムを行っております。
(詳細はこちら
<研究>日本の今の医療問題を改善し、よりよい医療システムの構築について模索中です。
現在進行中の研究テーマ

ご興味のある学生(大学院生)、医療者は、気軽にお越しください。

ページの先頭に戻る

濱野 淳【講師】

濱野 淳【講師】

医療連携患者相談センター センター部長、緩和ケアチーム

卒業年・大学 2002年 筑波大学
資格等

bcdeg
日本在宅医学会認定 在宅医療専門医・指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本プライマリケア連合学会 代議員
日本緩和医療学会 理事・代議員
日本在宅医療連合学会 評議員

研究業績: https://researchmap.jp/junhamano/

ひとこと

つくば家庭医・病院総合医プログラムは家庭医・総合診療医として患者さんだけでなく、家族、地域と関わりたい方には最適の後期研修プログラムだと思います。また、筑波は緩和ケアの研修が充実していますので、家庭医・総合診療医+緩和ケアという方には最適のプログラムだと思います。ぜひ、見学に来て下さい。お待ちしています!!

ページの先頭に戻る

佐藤 幹也

佐藤 幹也

住友重機械工業株式会社、筑波大学医学医療系 非常勤研究員

卒業年・大学 1996年 筑波大学
資格等

acd g
日本プライマリケア連合学会代議員
公衆衛生学修士(ロンドン大学)
労働衛生コンサルタント

ひとこと

筑波大総合診療部のOBです。2013年から大学院生の研究指導に関わらせていただいております。専門はヘルスサービスリサーチです。臨床の疑問を研究に、研究の成果を臨床に生かせる医療者を一緒に目指していきましょう。

ページの先頭に戻る

栗原 宏

栗原 宏

国立病院機構 霞ヶ浦医療センター 総合診療科

卒業年・大学 2000年 筑波大学
資格等

bc e g

ひとこと

地域医療、家庭医療っておもしろい。日々新しい発見があって、勉強になります。
つくばは、仕事に家庭に趣味に、どれも楽しめるよい環境だと思います。

ページの先頭に戻る

小曽根 早知子【講師】

小曽根 早知子【講師】

地域総合診療医学:利根町、総合診療科

卒業年・大学 2004年 筑波大学
資格等

bcd f g

研究業績:https://researchmap.jp/9382-1122934_1

ひとこと

地域に根差した診療に魅せられています。
患者教育、学生指導、子育て、東洋医学、臨床研究、バドミントンに力を入れていきたいです。

ページの先頭に戻る

鈴木 広道【医長】

鈴木 広道【医長】

筑波メディカルセンター病院 臨床検査医学科

卒業年・大学 2003年 浜松医科大学
ひとこと

ページの先頭に戻る

片岡 義裕【講師】

片岡 義裕【講師】

地域総合診療医学・里美地域医療教育ステーション(大森医院)、総合診療科

卒業年・大学 2010年 筑波大学
資格等

abcg

研究業績:https://researchmap.jp/_kataokayoshihiro

ひとこと

大学院では、地域枠制度で入学した医学生のモチベーションに関する研究をしていました。関心のあるテーマは、Evidence-based Medicineの教育手法や有効性の検証です。

ページの先頭に戻る

舛本 祥一【講師】

舛本 祥一【講師】

地域総合診療医学・セントラル総合クリニック、総合診療科

卒業年・大学 2006年 大阪大学
資格等

abcdeg
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析学会 透析専門医
日本プライマリケア連合学会 代議員
日本専門医機構 総合診療領域特任指導医
公衆衛生学修士

研究業績:https://researchmap.jp/7000023437

ひとこと

総合診療・家庭医療の魅力に惹かれ、他領域を経てから現在に至りました。”Think Globally, Act Locally”をモットーに、プライマリ・ケア、在宅領域で臨床を行いつつ、現場に活かせるようなエビデンスを発信できるように研究活動も行っていきたいと思います。

ページの先頭に戻る

後藤 亮平【助教】

後藤 亮平【助教】

地域総合診療医学

卒業年・大学 2009年 星城大学リハビリテーション学部
2017年 筑波大学大学院
資格等

g
博士(ヒューマン・ケア科学)
理学療法士

研究業績:https://researchmap.jp/goto-ryohei

ひとこと

限られた医療資源の中で、いかに専門職が連携して協働すべきなのかについて研究しています。
理学療法士として、リハビリテーションという視点を他職種に共有していけるようなプログラムを考えていきたいです。

ページの先頭に戻る

濱田 修平【臨床講師】

濱田 修平【臨床講師】

大和クリニック

卒業年・大学 2005年 札幌医科大学
資格等

abcdefg
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本医師会認定産業医
Infection Control Doctor

ひとこと

プライマリケア外来におけるAdvance Directiveについての研究をしています。

ページの先頭に戻る

伊藤 慎【臨床講師】

伊藤 慎【臨床講師】

わか葉在宅クリニック

卒業年・大学 2008年 筑波大学
資格等

abcdeg
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本静脈経腸栄養学会 TNTコース修了
日本アロマ環境協会 アロマテラピーインストラクター

ひとこと

抑うつをはじめとしたメンタルヘルスを主な研究テーマにしています。少しでも当分野での研究の発展に寄与できればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

ページの先頭に戻る

大学院生
人間総合科学研究科
博士課程(疾患制御医学専攻 地域医療教育学分野)

資格カテゴリ

a 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
b 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
c 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
d 日本内科学会認定内科医
e 日本内科学会認定総合内科専門医
f 日本内科学会認定内科指導医
g 博士(医学)または医学博士

鈴木 諭 【博士課程4年】

鈴木 諭 【博士課程4年】

卒業年・大学 2005年 群馬大学
資格等

b、c、d
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医

研究テーマ・
関心領域

群馬県北部の中山間地域の中規模地域中核病院で病院総合診療を主に行っています。山間僻地に求められる、急性期診療含めた病院総合診療と訪問診療を含めた在宅医療との融合を目指しています。

入学後4年目になっていますが、臨床と研究のバランスをとりながら、実臨床に還元できるような研究を続けていきたいと考えています。

ページの先頭に戻る

細井 崇弘 【博士課程4年】

細井 崇弘 【博士課程4年】

卒業年・大学 2010年 秋田大学
資格等

bcde
日本在宅医学会認定 在宅医専門医
日本緩和医療学会認定 緩和医療認定医

研究テーマ・
関心領域

在宅医療、自宅での看取りに関する研究を行っています。

ページの先頭に戻る

齊藤 剛 【博士課程4年】

齊藤 剛 【博士課程4年】

卒業年・大学 2011年 聖マリアンナ医科大学
資格等

abcd

研究テーマ・
関心領域

大学院生として2年目を迎えました。
今後も入学当初の熱き思いを忘れず、多くの人々に貢献できるように頑張ります。

ページの先頭に戻る

中山 元【博士課程3年】

中山 元【博士課程3年】

卒業年・大学 2009年 鳥取大学
資格等

abc
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
日本在宅医学会認定 在宅医療専門医

研究テーマ・
関心領域

家族介護者、integrated care、プライマリ・ケアにおける認知症診療といったテーマに関心があり、研究に取り組んでおります。
臨床においては、長らく中国地方の小さな町で家庭医療に従事していました。0歳から100歳以上の方まで、内科・小児科領域の他、整形やメンタル等も含めて家族ぐるみで様々なご相談を頂いておりました。その経験を基に当地でも地域医療に貢献したいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭に戻る

太田 龍一【博士課程3年】

太田 龍一【博士課程3年】

卒業年・大学 2010年 大阪市立大学
資格等

abdf

研究テーマ・
関心領域

島根県からディスタントとして勉強させていただいておおります。島根の地域医療の貢献できるように毎日、コツコツ頑張っております。

ページの先頭に戻る

稲葉 崇【博士課程2年】

稲葉 崇【博士課程2年】

卒業年・大学 2012年 東邦大学
資格等

d
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
ACLS-EP、JPTEC、JATEC、TNT(臨床栄養に関する教育コース)、緩和ケア研修修了

研究業績:https://researchmap.jp/7000027940

研究テーマ・
関心領域

今までは臨床・教育に全力を注いできましたが、研究の世界を知ることが臨床医として更なるレベルアップのために必要不可欠だと感じ、大学院の門を叩きました。研究については初心者ですが、一歩一歩研究の世界を学んで深めていきたいと思います。

ページの先頭に戻る

山本由布【博士課程2年】

山本由布【博士課程2年】

卒業年・大学 2008年 福井大学
資格等

abcde
日本在宅医学会認定 在宅医療専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 代議員

研究テーマ・
関心領域

臨床とは異なるアプローチに興味を持ち、今年度から博士課程に入学しました。臨床の場に還元できるような研究ができればと思っております。

ページの先頭に戻る

川田 尚吾【博士課程2年】

川田 尚吾【博士課程2年】

卒業年・大学 2009年 星城大学リハビリテーション学部
資格等

理学療法士
修士(保健学)

研究テーマ・
関心領域

その人の価値中心の医療の在り方とはなにか?を日々模索しております。大学院では日本人における「健康観」に関する研究を行なっていきたいと考えております。

ページの先頭に戻る

石井 充章【博士課程1年】

石井 充章【博士課程1年】

卒業年・大学 1999年 東邦大学
資格等

薬剤師
公衆衛生学修士
プライマリ・ケア認定薬剤師

研究テーマ・
関心領域

薬剤師として地域医療に貢献したいとの思いから進学を希望しました。多くの学びをいただき、地域社会へ還元できるよう努力していきたいと考えております。

ページの先頭に戻る

長崎 一哉【博士課程1年】

長崎 一哉【博士課程1年】

卒業年・大学 2013年 名古屋市立大学
資格等

d
日本チーフレジデント協会共同代表
日本病院総合診療医学会 若手部会
日本医学教育学会 若手部会
Harvard ICRT Japan program Certification

研究テーマ・
関心領域

臨床医としては病棟における急性期管理や質の改善に興味を持っています。また、医学教育にも関心があり、リーダーシップ育成や働き方改革、メンタルヘルスに関する活動を行ってきました。大学院で学びながら、エビデンスを創造していきたいです。頑張ります!

ページの先頭に戻る

修士課程(フロンティア医科学専攻 医科学コース 地域医療教育学)

山川 智継【修士課程2年目】

卒業年・大学 2013年 帝京平成大学
資格等

薬剤師

研究テーマ・
関心領域

薬にはメリットもあればデメリットもあります。
どういった取り組みが患者さんが薬を正しく使うときの助けになるのか、一つでも多く学べたらと思います。

ページの先頭に戻る

中島 郁枝【修士課程2年目】

卒業年・大学 2002年 共立薬科大学
資格等

薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
スポーツファーマシスト

研究テーマ・
関心領域

以前は病院に勤務していましたが、普段の生活の場で、患者さんや地域の方々の相談相手になりたいと思い、現在は薬局薬剤師をしています。
大学院では、高齢者のポリファーマシーに関して、臨床現場に活かせる研究を行いたいと考えています。

ページの先頭に戻る

研究生

修了者

  • 博士(医学):【2014年】栗原 宏、高木 博、中澤 一弘、鈴木 弘道 、 【2015年】伊藤 慎 、 【2017年】小曽根 早知子、片岡 義裕、後藤 亮平、【2018年】五十野 博基、舛本 祥一、明石 祐作【2019年】斉藤さやか、濱田修平 【2020年】梶川奈月、渡邊久実
  • 修士(公衆衛生学):【2011年】堤 円香、 【2016年】川口 修平、【2018】畔原 篤
  • 修士(医科学):【2017年】佐藤 卓也、松下 綾
〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します