ご挨拶

地域医療教育学分野では、おもに地域医療、総合診療、医学教育に関する研究と、それを実践する研究者の養成を行っています。
我々が取り組んでいる研究分野は、現場での活動は積極的に行われているものの、研究活動については、全国的に見ても十分とは言えないのが現状です。我々は、現場をよく知り、診療や教育にも携わる立場からこそ発案できるリサーチクエスチョンを基に、自らが継続的に関わり、すみずみまで熟知しているフィールドを活用して研究を推進し、もって地域社会に役立つエビデンスを発信していきたいと考えています。
また我々は、大学院での教育を通して、研究者養成にも力を入れています。充実した指導体制の下で、臨床医として働きながら学位を取得するコース、オンライン指導を取り入れて遠隔地でも学位が取得できるディスタントコース、公衆衛生修士(MPH)を取得できるコースなどの多彩なキャリアプランを用意して、次世代を担う人材の育成に取り組んでいます。

医療をめぐる状況が厳しさを増す一方で、地域医療に関するニーズの多様化が進む現状において、質の高いエビデンスを提供し、リサーチマインドを持つ人材を養成することは、社会的に非常に重要な意味を持っています。我々は、このような活動を通して、広く地域医療の充実と社会の発展に貢献したいと思っています。

地域医療教育学分野
教授 前野哲博