研究領域

研究フィールド

本教室のメンバーは、臨床では大学病院から地域診療所まで、さまざまなレベルでのプライマリ・ケアを提供しており、いずれの施設も研究のフィールドとして活用できます。

茨城県と連携した地域医療再生基金事業、地方自治体(神栖市)からの委託事業も行っており、ヘルスプロモーションや地域住民を対象とした研究などのヘルスリサーチのフィールドを持っています。

医学教育については、全国有数の教育支援組織を持つ筑波大学医学群における研究や、上述の施設における地域医療教育のフィールドを対象とすることが可能です。

主な研究テーマ

プライマリ・ケア領域における臨床研究

多くの臨床研究は大学病院や専門外来のような特殊なセッティングで行われています。私たちは、地域の豊富なフィールドを活用し、我が国におけるプライマリ・ケア領域における臨床研究を推進して、現場ですぐに適用可能なエビデンスを発信していきます。

地域医療を実践できる人材を養成するシステムの開発

地域医療を支えるためには、地域医療に貢献する高い使命感と能力を備えた人材の養成が必要不可欠です。私たちは、継続的に地域で活躍できる人材を養成する教育システムの開発・検証に関する研究を行っています。

地域医療の充実に関する研究

地域医療の充実のため、適切な医師配置、医師以外の医療職を含む効果的な業務分担のあり方など、地域医療再生のための方策をさまざまな角度から検証し、科学的なデータに基づく提案を行います。

住民を対象としたヘルスプロモーション

地域で健康に暮らすためには、「病気になってからの医療」だけではなく、「病気にならないための予防」も重要です。私たちはヘルスプロモーションにも力を入れており、それを効果的に推進するための研究を行っています。

臨床医学教育の充実に関する研究

本研究グループのスタッフは、筑波大学における卒前・卒後教育全体のコーディネートにも関わっており、全人的医療を実践できる、すぐれた医療人を養成するための教育研究にも取り組んでいます。