私たちは教育を通して地域医療に貢献します

研究フィールドと指導体制

充実した研究フィールド

充実した研究フィールド

本教室のメンバーは、臨床では大学病院から地域診療所まで、さまざまなレベルでのプライマリ・ケアを提供しており、いずれの施設も研究のフィールドとして活用できます。具体的には、筑波大学附属病院、市中病院でありながら大学病院としての機能を有する水戸地域医療教育センター(水戸協同病院)、救命救急センターを有する地域中核病院である筑波メディカルセンター病院いばらき地域医療研修ステーションとして指定されている県内の診療所等があります。

また、茨城県と連携した地域医療再生基金事業、地方自治体(神栖市)からの委託事業も行っており、ヘルスプロモーションや地域住民を対象とした研究などのヘルスリサーチのフィールドを持っています。

医学教育については、全国有数の教育支援組織を持つ筑波大学医学群における研究や、上述の施設における地域医療教育のフィールドを対象とすることが可能です。

実績のある指導医が研究をサポート

実績のある指導医が研究をサポート

きちんとした研究手法を身につけ、独立して研究を実施・指導できる能力を修得するためには、研究計画作成から研究の実施(データ収集、統計解析、論文執筆)に至るまで、一つ一つのプロセスについて、経験豊富な指導者からきめ細かな指導を受けることが大変重要です。本研究室では、プライマリ・ケア領域の臨床研究や医学教育研究において実績のある指導医が、一人一人の研究計画に合わせてマンツーマンで研究指導を担当します。また、毎週開催されるリサーチミーティングにおいて、メンバー全員から研究の計画/実施について細かいフィードバックを受けることができます。

メンバー

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します