私たちは教育を通して地域医療に貢献します

神栖地域医療教育ステーション 神栖市における地域医療教育

クリニカルクラークシップの一つとして、医学群5年生全員が3-4名単位で1週間神栖市内に泊まり込み、地域を知る様々な実習を行います。
病院外来・当直、訪問看護・リハビリ、地域診療所、健康教育、乳幼児健診、住民体験実習と様々なシーンで実習を行います。

特徴

その地域の特性を知り、地域住民の健康を守るリーダーとしての役割を担うことも医師に求められる要素です。
そのため、ヘルスプロモーション活動に力を入れているのも特徴で、小中学校、保健センター、企業、院内などでの健康教室を医学生が実際に行います。
また、農家や商店でいっしょに仕事をしながら、地域住民の方達と交流し、住民目線で神栖市の医療を考えてみる機会を設けているのもユニークな点です。
さらに宿泊先では、教員との語らい、そして実習最終日の教員と振り返りを通してさらに学びを深めることが出来ます。
このように医学生の評価が高く、全国でも先進的なプログラムが実現できているのは、実習のコーディネートを拠点となる神栖済生会病院の専任看護師と地域医療学講座の専任教員、そして神栖市健康増進課とが協同で行っているからです。

実習内容

実習スケジュールの例
 
午前 大学でオリエン
テーション
/移動
診療所実習 外来実習
(耳鼻科)
ヘルス
プロモーション
地域での健康教室
外来実習
(外科)
午後 外来実習
(内科)
診療所実習 訪問看護 住民体験実習 乳児健診
/移動
夕~夜 ヘルス
プロモーション
事前打合せ1
  ヘルス
プロモーション
事前打合せ2
当直実習 大学での振返り
外来実習

耳鼻科外来での実習

病院外来や診療所で、医学生自身で問診をとり、診察、評価、方針、カルテ記載までを行います。その後、医師の診療に同席し、ディスカッションを通して、よくある病気の診療に必要な知識・技術を学びます。
実習科は、内科、外科、耳鼻科などが中心ですが、その他、小児科、整形外科、形成外科、泌尿器科などでの実習も行います。

救急当直実習

神栖済生会病院の当直医に付いて実習を行います。地域医療現場での具体的な救急対応や限られた医療資源の中での対処の実際を経験します。

訪問看護実習

訪問看護師に同行して、在宅での看護業務に関する実習を行い、在宅でのケアに必要な知識・技術、配慮点などについて学びます。

訪問リハビリ実習

訪問理学療法士に同行して、リハビリの業務に関する実習を行い、在宅での自立促進や廃用症候群予防に必要なリハビリテーションの知識を学びます。

ヘルスプロモーション

地域の現場で、通院患者さん、小・中学生や住民、近隣企業の社員を対象にした健康教室に協力して行います。この実習を通して、医療機関内で行うことだけが、医師の仕事でないことを再確認できます。 一般の方の心へ届くような配慮や教室を通じて地域住民と交流することで、医療に対する期待を肌で感じる機会を持つことができます。

詳細はこちら

住民体験実習

住民体験実習

地域の農家や商店などで1日仕事を手伝いながら、地元の人と交流します。その中で土地と人を知る、この地域や仕事ならではの健康ニーズをつかむことを目的とします。また、他業種の職場体験は、様々な人々とふれあう医師として、人を理解するための想像力の源となります。

神栖市内診療所実習

実習に協力して下さる神栖市内の診療所を訪れ、神栖市民にさらに身近な医療を学びます。
透析、漢方、往診、グループホームでの健康相談、小児予防接種,糖尿病教室など、それぞれの診療所には特徴があり、地域の人々や院長先生、スタッフの方たちと交流しながら、これらを神栖市内の診療所が行う意義を考える機会とします。

乳幼児健診

神栖市保健センターで、乳児健診に参加して、乳児の測定の介助を行いながら実習します。
この実習を通して、乳児とのコミュニケーションや年齢相応の身長や体重を体感して学びます。

医学生の声

医学生の声

  • 医師不足地域ということで、初めは不安でしたが、実際に旅館から自転車で通学したり、旅館のおかみさんなど、地元の人から神栖を知るうちに興味が沸いてきた。ここで、将来働いてもいいと思った。宿泊実習でなければ、神栖に興味が沸くきっかけは出来なかったと思う。(医学生、男性)
  • タクシーの運転手の人が、道中親切にしてくださり、神栖の人の心の温かさを感じました。(医学生、女性)
〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します