私たちは教育を通して地域医療に貢献します

神栖地域医療教育ステーション 診療活動

内科(総合診療科)

内科

医師不足地域における診療の充実と地域医療実習の効果的な運営のため、神栖済生会病院へ本講座の総合診療医が出向き、従来の内科外来に加えて内科(総合診療)外来を開設しました。2009年4月から1名の総合診療医で週2日の診療を開始し、2010年10月からはもう1名加わって、週4日の診療を行っています。この外来の特徴は、糖尿病、高血圧、急性ウイルス感染症、市中肺炎、うつ病、不安障害など日常診療でよく見られ、プライマリケアで重要な疾患のマネジメントを、指導教員が医学生に直接指導できることにあります。また、整形外科休診日を中心に腰痛や膝関節痛などの愁訴にも対応しています。

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

神栖市における耳鼻咽喉科常勤医は診療所に1人のみで、診療ニーズに対して医師の不足が顕著な診療科の一つです。神栖済生会病院では非常勤医師による週2回の外来がありましたが、2009年4月から本講座の耳鼻咽喉科医が出向き、週1回の外来診療が加わりました。鼻汁・鼻閉、のどの痛みなどのよくある愁訴、急性中耳炎や急性扁桃炎などのよくある疾患の診療が多いので、これらの診断とマネジメントを医学生に直接指導できることも第一線医療機関ならではです。さらに2009年9月からは、これまで遠方の医療機関に行くしかなかった乳幼児聴覚検査(聴性脳幹反応検査)を始めました。他院からの紹介や、乳幼児健診で難聴を疑われて受診する子どもの中には、これまでのところ一般の発見率よりやや高い割合で難聴が見つかっています。早期に介入することは、難聴児の言語発達の獲得に重要な意味を持ちます。

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 人間総合科学研究科 地域医療教育学

私たちは教育を通して地域医療に貢献します